硝子体手術

硝子体手術に関する情報をご案内しています。

硝子体手術とは

網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し、網膜の機能を回復させる手術です。
白目の部分に小さな穴を3ヶ所開け、器具やレーザーを入れて、眼の中の出血や濁りを硝子体(目の中のゼリー状の組織)と共に取り除きます。

必要な場合には、眼内にレーザー光凝固を行ったり、空気や特殊なガスやシリコンオイルを注入し、網膜を元に戻します。

現在は、手術機械の発達や手術技術の進歩により手術可能となる疾患も増え、比較的安全に手術ができるようになりました。

手術機器について

当院の硝子体手術では、コンステレーション®ビジョンシステムを使用しています。