さまざまな目の病気

緑内障(りょくないしょう)について掲載しています。

緑内障

全般情報

緑内障とは、視神経が慢性的に圧迫されることで、視神経に障害を生じる病気です。
放置すると視野が欠損し、重症例では失明する可能性もあります。

開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障、閉塞隅角緑内障といくつかの種類があります。

症状

視力の低下 / 視野狭窄(視野の一部が欠けて狭くなる)など。

原因

主な原因の一つに眼圧(眼球を一定の大きさ・形に保つための眼内の圧力)の上昇があげられます。

検査の種類

重要な検査の一つに「視野検査」があります。
視野のうち、どこがどの程度見えていないかを正確に調べる検査で、進行状態がわかります。

視野検査は2種類あります。

  • ハンフリー視野検査(静的視野検査)… 中心部の視野(30度以内)を詳しく調べる検査です。
  • ゴールドマン視野検査(動的視野検査)… 視野全体を調べる検査です。
治療方法

緑内障治療の目的は、病気の進行を遅らせ、それ以上進まないようにすることで、失明を防ぐことです。

多くの緑内障では、眼圧下降点眼薬、内服薬、点滴薬などの薬物療法が基本となります。
薬物療法を行いながら、眼圧下降が不十分で視野障害の進行が抑えられない場合には、レーザー治療や手術を行います。

急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し、眼の痛み・頭痛・吐き気などの激しい症状を引き起こします。
時間が経つほど治りにくくなるため、このような「急性閉塞隅角緑内障」の発作がおきた場合は早急に治療を行い、眼圧を下げる必要があります。