さまざまな目の病気

屈折異常(くっせついじょう)について掲載しています。

屈折異常(近視・遠視・乱視)

全般情報

屈折異常とは、眼に入ってくる光線が網膜上でうまく像を結べない状態にあることをいいます。
遠視・近視・乱視と呼ばれている症状です。

遠視について

像を結ぶ焦点が、網膜よりも後ろにあり、遠くも近くもピントが合わない状態のことです。
常にピントを調節して見ないといけないため、眼が疲れやすく眼精疲労が起こることもあります。

近視について

像を結ぶ焦点が、網膜よりも前にあり、近くのものはよく見えるが、遠くのものは見えづらい状態のことです。

乱視について

無調節状態時に、遠いところから目に入ってきた光がどこにも像を結ばない状態のことです。